Adachinですっ。

dockerホストをAWSみたいにポチポチして、

コンテナ立ち上がって、コンソールもweb上で見れないかなとググっていたところ、

shipyardと連携すればそれっぽいこと可能らしい!

早速試してみました!

めちゃくちゃUIカッコイイし、すごい便利なので導入してみるといいかも。sticker-02-15-2


■環境

※ちなみにこのバージョン以上じゃないとshipyardのコンテナ立ち上げるときに以下のエラー出ちゃうので気をつけましょう


■shipyard install

導入したいdockerホストにインストールします。

最近dockerイメージがalpineになったのでashでコンテナ起動しましょう。


■ログイン

上記のようにターミナル上で管理画面のユーザー名とパスワードが表示されてればOKです。
ちなみに10.0.2.15:8080はコンテナ内のローカルIPなので、
docker-machineだとdockerホストのIPで検索します。

http://192.168.99.100:8080/


■立ち上がってるプロセスの確認とコンテナ新規デプロイ方法

現在動いているコンテナ共が確認できて、
ここで起動プログラムなどは管理できます。

s06

新規でコンテナデプロイするときはDeploy Containerを選択します。

s01

s02

コンテナ画面から先ほど作ったコンテナの虫眼鏡アイコンを押すと、詳細が出てきます。
(今回はwebサーバ用コンテナです。)
ちゃんとwebからnginxテスト確認できました。

s07


■Dockerイメージ

web上からイメージpullできます。

s03


■各コンテナのリソースモニタリング

各コンテナのStatsから確認できます。

s04


■コンソール

これがすごい。わざわざターミナルにログインしなくてよし。

s05


■まとめ

docker自体に負荷も全然ないので、入れておくとコンテナ管理が楽かなと思います。(docker運営は特に)

ユーザーとかも権限付与できるので、カスタマイズいろいろできます。

今後のサーバ構築はポチポチ。ちなみにshipyardはAlpine使ってるみたい。

参考:https://shipyard-project.com/

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra engineer/Site Reliability Engineering/In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 仮想化ならdocker。Python初心者。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す