Adachinですっ。

久しぶりにansibleのお話なのですが、
重宝するマジック変数のinventory_hostnameを紹介します。
約8種類くらい変数があるのですが、inventory_hostnameを使えばもっとコードもキレイになるはず。


■そもそもマジック変数とは

「定義済み変数」で、主に、インベントリ(hostsなどなど)に関する情報を元に変数化します。


■inventory_hostnameについて

インベントリに書かれたホスト名を参照して変数化してしまいます。
実際に例を出してみます。

conf系設定ファイルがサーバ毎に違った場合によく使うかと。
以下にplaybookの階層を貼っときます。
そもそも自分はサーバ毎にわざわざwith_itemsで
このサーバにはこのファイルを指定!
他のサーバにはこのファイルを指定!
みたいなことを書いてたら汚すぎてひどくなりましたw
ここらへんを変数化したいなというわけでこいつを使うわけです。


■階層

・hosts


■inventory_hostnameを使わないコード

毎回サーバ毎に書くのはダルいし汚い。


■inventory_hostnameを使ったコード

定義済み変数によってwith_itemsが一行になり、キレイに


■inventory_hostnameでansibleを実行

ちゃんと変数化されてweb2台とも別々に反映された!


■まとめ

他のマジック変数いろいろ試してみよう。。
infrastracure as a Code!!!!
ちなみにconfファイルなどにも指定すれば変数として使える。。。楽だ。

参考:http://docs.ansible.com/ansible/playbooks_variables.html#magic-variables-and-how-to-access-information-about-other-hosts

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer/SRE In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 インフラならAWS/docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして脆弱性スキャナVuls追いながらVulsRepo init fileのコミッターでもある。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す