https://github.com/RVIRUS0817/vulsrepo

https://github.com/usiusi360/vulsrepo/pull/57

VulsRepoの起動スクリプトを作ってエセコミッターになったわけですが、
元のリポジトリが最新になったときに毎回リポジトリ消してまたforkするのでは?
と勘違いしたので今回はその備忘録です!
※上記のgit fork図が一番分かりやすかったので参考に。
http://kik.xii.jp/archives/179


■forkしたリポジトリを最新にする

・git remote

・git fetch

・git merge

・git push origin master

・またブランチ切ってpushしてプルリク出す

またリポジトリが最新になったらfetchからやればOK。


■まとめ

みんなもコミッターになろう!!!

The following two tabs change content below.
あだちん

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer/SRE In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 インフラならAWS/docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして脆弱性スキャナVuls追いながらVulsRepo init fileのコミッターでもある。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す