メリークリスマス🎄!!

相変わらずクリスマスでもサーバいじる私ですがw
前回ブログしたbitwardenの続きです。

[docker][Free Open Source Password Manager]無料パスワード管理システムbitwardenをインストールしてみた!

バックアップとリストア(復元)をまったく理解していなかったので
今回はそのフローをブログします。


■Backing up your on-premise hosted data

https://help.bitwarden.com/article/backup-on-premise/

バックアップに関しては特に問題ないはず。(vault DBをバックアップしてる感じ)
以下のように一日一回バックアップが出来ているのでこいつをリストアすればいいだけです!
※Macのlocalhostでbitwarden動いてます。


 ■bitwarden/mssql

bitwardenのDBはMSSQLで出来ているので、経験したことない私に取って大変でした。。w
一旦動いているmssqlコンテナにログインしてみましょう。

・docker ps

・docker exec -it

・backup-db.sh

「/」配下にbackup-db.shがあったのでこいつが内部で動いてます。

ちなみにDBのパスはどこに書いてあるのか…

です。次はdockerホストからバックアップファイルをコンテナ内に飛ばしましょう。

・docker cp


■RESTORE DATABASE

・login database

・delete vault db

・SET SINGLE_USER

MSSQLは簡単に復元ができないのでvault DBをシングルユーザモードにします。

・RESTORE

・updatedb

OK!!!😆
ログインしたところ全て戻ってました!!


■まとめ

にしてもMSSQL童貞でしたがなんとか復元できてよかったわい。
あとはgoofysでバックアップファイルをS3に保管しておけばぶっ壊れても直せる。
慣れればDBリストアをdocker ~ \のようにワンラインで書ければ尚かっこよす。

[AWS]ConoHaにgoofysを使ってS3にマウントしてみた

・参考
https://qiita.com/chihiro/items/75b12aca631f79be28b2
https://docs.microsoft.com/ja-jp/sql/linux/tutorial-restore-backup-in-sql-server-container

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer/SRE In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 インフラならAWS/docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして脆弱性スキャナVuls追いながらVulsRepo init fileのコミッターでもある。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す