以前、うちの後輩が

「ZabbixのダッシュボードダサいのでGrafanaと連携したんですがうまくいかなかったんですよね〜」

と言っていたので、そんなわけないだろおおおおと速攻で試してみました。
Zabbixと違いスクリーンの表示がめっさ早くデザインに圧倒されるので導入すると良い!
(Grafana童貞です😆)


■About Grafana

https://grafana.com/

GraphiteやElasticsearch、OpenTSDB、Prometheus、InfluxDB等の
データソースに蓄積されたデータを可視化するダッシュボードツール。
Kibana3からforkされたOSSであり、コミュニティにより活発に開発が進められているとのこと。
プラグインも豊富で各サービスと連携しやすいのがメリット。


■Environment

・CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)(GCE)
・grafana-server v4.6.3
・alexanderzobnin-zabbix-app v3.8.1
・zabbix_server (Zabbix) v3.0.14
・H2O v2.2.4

・Open port 3000


■Install Grafana

・install fontconfig

・install grafana-4.6.3-1

・systemctl grafana

・install alexanderzobnin-zabbix-app


■Add zabbix user grafana

ZabbixからGuestユーザグループにgrafanaユーザを作りましょう。
権限は全てのホストをぶち込んでread onlyにします。


■Setting Grafana

・URL

http://adachin.com:3000
first pass admin/admin

・Installed Apps

・Zabbix plugin Enable

・Data Sources

Save & Test押して緑バナー出てきたら連携OK!!


■Zabbix Server Dashboard

グラフキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!😁

こちらはZabbix3自体のモニタリング専用のダッシュボードとなります。
もしグラフ出てこない場合は以下のようにEditしてホスト名を指定してあげればOK。


■Zabbix System Status

 

障害情報が各ホストグループで可視化されてます!
分かりやすい。


■Zabbix Template Linux Server

 

こちらは各ホストのリソースがグラフ化されてます。(あとでディスクなり追加しとこう)
ホストグループごとにちゃちゃっと切り替えができます。(はやっ)

カスタマイズ後・・・

 

😆


■まとめ

ZabbixとGrafana連携は簡単!
しかもGrafanaは一つのMetrics作れば変数化されるのでわざわざZabbixスクリーンポチポチする必要がない!
今後はホスト追加はzabbix-ansibleで行ってグラフはGrafanaで見ていくのが効率良い!
URLアクセスは後ほど、
次回はH2Oで3000portから/grafanaにプロキシして
アクセスできるように試してブログ書きます。
↓書いた

[Zabbix3][Grafana][H2O][reverse proxy]H2OでGrafanaをリバースプロキシしてみた!

Grafana-Zabbixはansible化もしてるので参考に。

https://github.com/RVIRUS0817/ansible_grafana-zabbix

参考
https://grafana.com/grafana/download
http://azure.sios.jp/archives/4979

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはansible,Terraform。 インフラならAWS/docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして脆弱性スキャナVulsを追いながらVulsRepo init fileのコミッターでもある。 HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す