今までDIgdagでエラー通知をchatworkで行っていたのですが、slackでイケてる通知できないかと探していたところ、
下記のプラグインを見つけました。

https://iroilog.net/2017/04/digdag-slack/

通知もわかりやすいし、めちゃくちゃいいやん!!🤩

ところが!!😟

digdagファイルを大幅に変更するという驚異的な作業が発生するということに気づきました。(設定ファイル50個くらい/辛い😅)ということでIncoming Webhooksを使ってシンプルにエラーが出たら通知というのをシェルスクリプトで作ってみました。(カンタンというか基本)


■post_slack.sh

・hoge_id.dig

・slack

🤗

・post_chatwork.sh

ちなみに同じようにchatworkで書くとこんな感じ。


■まとめ

うむ!!シンプル!!
しかしエラー内容がわからん!!😳

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください