LINEで送る
Pocket

Redashはデフォルトの権限でadminとdefaultがあります。

基本アカウント権限でみなさんグループ権限に頭を抱えると思いますが、個人的にData Sourceごとにグループ名を作成し、FullAccessで必要なメンツを入れ、View-only用に分けるのが良さそうです。

そこで、今回他のメンバーが書いたクエリを他のメンバーも編集はできないのか。という課題にぶち当たり、調べてみましたが、そもそもこんな機能あるのか!と新たな発見をしました。


■Environment Variables Settings

https://redash.io/help/open-source/admin-guide/env-vars-settings

“REDASH_FEATURE_SHOW_PERMISSIONS_CONTROL”

レアジョブの塚田さんが上記のスライドにも紹介されています。
環境変数でデフォルトはfalseになっているのでtrueにすれば可能とのこと。


■Setting

  • add env

  • 確認

下記のように編集したいメンバーを追加すればOK!


■まとめ

ん!?これは塚田さん作った感じなのか!
みなさんも試してみましょう!

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: Redash

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください