Hai Adachinです。

最近お勉強として、
Google Cloudを個人的に使っているんですが(先週くらいから)
AWSより安いのかい!?(・ω<)
気になるのが値段!!!使いやすさ!!!(・∀・  )
今回は実際コストについて料金計算ツールを紹介します!


■ちなみに

実際いくら使ってるのかはGoogle Developer Toolの設定マークの請求先アカウントで確認できます。

google02

 


■Google Cloud 料金計算ツール

https://cloud.google.com/products/calculator/?hl=ja#id=94be39b9-264a-4152-a3e9-76241d83d523

サーバスペックストレージ、ネットワーク量など項目を記入します。
すると最後にお値段が出ます。

google03

ちなみに私の場合だとMonthly total: $16.37でした・・・

毎月2000円くらいかな・・・しかもスペックも下から二番目なのに。。。


■まとめ

世間ではたくさんのクラウドがありますが、
個人用(ブログとか)はさくらサーバConoHaちゃんで問題なし。
大規模なサービスの場合だと機能がたくさんあってしかも安い、早い!を選ぶと思うので、
今後はAWS VS GCPとなりそうですね。
個人的にGCPは使いやすくて、直感的に触れるので初心者でも簡単に構築できるクラウドと感じました。

次回はVMインスタンスの作成とかブログをしたいですね!(遠目)

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 SRE/CRE。ラッパー担当。2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在では分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す