爆速とタイトル名に書いていますが、
大したことありません。
この手順を見て2分くらいでセットアップできるはず!(白目)
久しぶりにGoogle Cloud Platformのお話ですが、
BigQueryやその他のGCサービスを使用したい場合、
Google独自の「Google Cloud SDK」をインストールする必要があります。
ということでやってみましょう。


■ダウンロード(CentOS)

使用したいアカウントからダウンロードします。
/usr/localに置くことで他のユーザでも使用できるようにしました。

・ちなみにこれでもOKです。

こっちのほうがわざわざ解凍しなくてすぐにインストールに取り掛かれる。(お好きなもので)


■インストール


■bash/zsh読み込む

・bashの人

・zshの人


■Googleアカウント認証


■テスト

実際にBigQueryにアップロードしてみます。

Pythonのバージョンエラーが出ましたが、
バージョン上げることで他のgcコマンドが楽になるだけなので
とりあえずOKです。


■まとめ

linux他ユーザでやる場合はアカウント認証しないといけないので
めんどくさいところ。
・3・

参考:http://www.task-notes.com/entry/20151019/1445223600

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す