爆速とタイトル名に書いていますが、
大したことありません。
この手順を見て2分くらいでセットアップできるはず!(白目)
久しぶりにGoogle Cloud Platformのお話ですが、
BigQueryやその他のGCサービスを使用したい場合、
Google独自の「Google Cloud SDK」をインストールする必要があります。
ということでやってみましょう。


■ダウンロード(CentOS)

使用したいアカウントからダウンロードします。
/usr/localに置くことで他のユーザでも使用できるようにしました。

・ちなみにこれでもOKです。

こっちのほうがわざわざ解凍しなくてすぐにインストールに取り掛かれる。(お好きなもので)


■インストール


■bash/zsh読み込む

・bashの人

・zshの人


■Googleアカウント認証


■テスト

実際にBigQueryにアップロードしてみます。

Pythonのバージョンエラーが出ましたが、
バージョン上げることで他のgcコマンドが楽になるだけなので
とりあえずOKです。


■まとめ

linux他ユーザでやる場合はアカウント認証しないといけないので
めんどくさいところ。
・3・

参考:http://www.task-notes.com/entry/20151019/1445223600

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください