LINEで送る
Pocket

Adachinですっ。

docker run時にCPUとMemoryを指定しないと、
dockerホストの全てのリソースをフルで発揮してしまうので、
今回試しに自前のdockerサーバで確認してみた。
簡単に適用できるのでバランスよく変えていくのがふさわしい!


■自宅dockerホストのCPUとMemoryを見てみた

・CPU数

4コアなんだけど仮想コアもあるから合わせて8コアかな。

・Memory数

10GB!?意外と少なかった。


■現在動いてるコンテナのリソースを確認してみた

確かに全部使ってる。。。


■マズイのでリソース制限してみた

とりあえず上記のコンテナを消して、CPUを1コア、Memoryを2GBにした。
基本的にオプションで追加できる。


■適用されているか確認

cpuは変わってるが、メモリー変わっとらんやん!

docker statsでコンテナのリソース系が見れるので(topコマンドみたいなやつ)確認してみた。

LIMITが2.097GBなので、ちゃんと変更出来てた。


■まとめ

ちなみにLinuxの標準機能cgroupsを使用して、リソース管理を実現しているとか。
他にもオプションたくさんあるので後で試してみよう。
てかswapも指定せねば。。
参考:https://docs.docker.com/engine/reference/run/

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: BlogDocker

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのMENTAなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなし中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください