vuls scanしたときにメールとslackに結果を通知したい場合は

非常にイージーです!

というかめちゃめちゃ通知来るので、
これは…

バルス!!

Vulsインストール方法は以下にて。

【脆弱性スキャナ】Vulsをインストールしてみた!


■config.toml

vulsサーバはちゃんとpostfixでも設定して送信できるようにしときましょう。
あとはvuls scan!


■vuls report

-to-email -to-slackを付けてあげます。

・結果をフルで見たい方

・結果を簡単に見たい方


■確認

・slack

・メール

Gmailの場合迷惑メールに入っているので、
まさか送れてないんじゃないのか!?と勘違いするので気をつけましょうw


■まとめ

イージー!!!
次回は定期実行方法をブログします。

参考
https://github.com/future-architect/vuls/blob/master/README.ja.md#configuration

カテゴリー: BlogVuls

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください