LINEで送る
Pocket

H2Oおおおおおおおおおおお

ベーシック認証!
もちろんH2Oでも可能です。まずはドキュメントから。


■Configure > Using Basic Authentication

 

https://h2o.examp1e.net/configure/basic_auth.html

Starting from version 1.7, H2O comes with a mruby script named htpasswd.rb that implements Basic Authentication. The script provides a Rack handler that implements Basic Authentication using password files generated by the htpasswd command.

(訳)
バージョン1.7以降、H2Oには基本認証を実装するhtpasswd.rbというmrubyスクリプトが付属しています。 このスクリプトはhtpasswdコマンドで生成されたパスワードファイルを使用して基本認証を実装するhandlerを提供します。

とりあえずmrubyを駆使しないといけないので、
以下のような構成がベスト。


■構成

・h2o.conf

・htpasswd.rb

https://github.com/h2o/h2o/blob/master/share/h2o/mruby/htpasswd.rb

/etc/h2o/sites-enables/mrubyにぶち込みます。

・test.jp.conf

今回は/var/www/htmlに.htpasswdを作成します。

・空の.htpasswd作成しhtpasswdコマンドで作成する

ちなみに以下のようにエラー出る人はPLAIN TEXTを使ってる人!(MD5でセキュアに)(500 Internal Server Error)

failed to validate password using file:/var/www/html/.htpasswd:crypt-style password hash is not supported

参考
https://httpd.apache.org/docs/2.4/misc/password_encryptions.html


■まとめ

あとは再起動すればOK。
apacheとかnginx使う必要なくなってきたな…..
.htpasswdはちゃんとコマンドでやらないとアカン。
H2O楽しい!

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: H2O

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのMENTAなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなし中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください