ムムム。
どうもH2Oをrestartするとstopはできるのだがstartはできない。。(CentOS)
ちなみにrpmからインストールすると以下のinitファイルが確認できると思う。

https://github.com/tatsushid/h2o-rpm/blob/master/rpmbuild/SOURCES/h2o.init

・yumrepoでインストールしたい場合は以下

https://github.com/tatsushid/h2o-rpm

というわけで1からinitファイルを作ってみました。


■h2o dead but subsys locked

面白いのが日によってrestartできたりできなかったりがあるということw
dead but subsys lockedはlockファイルが残ったままサービスが停止している状態。
しかし、非公式のinitファイルにはちゃんとlockファイルが消すように作られているのだが、
ナゼ……
ちなみにUbuntuは問題ない。


■centos_h2o.init

これでうまく動いた。

・確認


■まとめ

configtestもreloadもできるし問題なし!
reloadはgraceful。
Amazon LinuxとCentOSベース変わらんから大丈夫なはず。

というかパイセンはちゃんとrestartできるけどなぜww

※追記

もしかしたら設定ファイル間違えてるとこういう挙動になるかも。。

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください