H2Oでも簡単に.htmlファイルの中に書いてあるphpを動かすことができます。
apacheでは.htaccessを書けばすんなりできますが、nginxやH2Oはそんなものありません。
今回はapache、nginxでの方法もブログするので参考にしてくださいな。


■Apache

・.htaccess

or

・httpd.conf


■Nginx

・/etc/nginx/conf.d/adachinpo.conf

・/etc/php-fpm.d/www.conf


■H2O

・/etc/h2o/h2o.conf

・h2o restart

・/etc/php-fpm.d/www.conf

・確認

 

これで.htmlでもphpが記載されてるものはちゃんと読み込んでくれました。


■まとめ

リスト型で書いてコード短くしようと思ったけど
うまくいかなかった….
あとで調べてみる。

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す