そろそろTerraformでGCP駆使したいなあと思い、
AWSと同じようにローカルMacにクレデンシャルを設定する必要があるので(aws cli的なもの)
今回は超備忘録!ということでいってみましょう。

※前回はCentOSからGCPに認証したい場合はやった

https://blog.adachin.me/wordpress/archives/3081


■Mac OS X 用のクイックスタート

https://cloud.google.com/sdk/docs/quickstart-mac-os-x?hl=ja

 

とりあえず公式通りやってみる。


■サービスアカウントの作成

こんな感じでterraformアカウントを作成します。
一旦役割はオーナーでキーのタイプはJSONにします。
作成するとkeyがjsonでダウンロードできるのでデスクトップに保存します。


■Install Google Cloud SDK for Mac

・download

とりあえずホームディレクトリにgcloudディレクトリ作って突っ込みます。
(隠しディレクトリでもよかったかも)

・run install.sh

からの私はzshを利用しているのでシェルを読み込ませます。

これでgcloudコマンドが使えるようになった。

・gcloud auth 

一旦先ほどサービスアカウントを作成したjsonファイルを見てみましょう。
上記を参考にしてアカウントを認証してみます。

よしできた!


■まとめ

ハマったのzsh読み込ませるくらいw
アカウント切り替えたい場合は$ gcloud config set account アカウント名
でOK。Terraformやります。

カテゴリー: GCP

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください