bitwardenを自前(オンプレ)で運営してる人はLet’s Encryptの更新とかどうすんのっ!
て話ですがめちゃくちゃ簡単です。
そもそもbitwardenは独自スクリプトを使って起動,停止,アップデートをするので、
その際にLet’s Encryptも更新してくれます。

いざ参る!


■bitwarden command

https://help.bitwarden.com/article/install-on-premise/

今回はupdate,updateselfだけかな。


■update

なんかエラー出とる…
updateselfしてみる。

もう一度update!

OK!😁

既にupdateでLet’s Encryptがrenewされてるので証明書は更新されてますな。
念のためbitwarden再起動する。

WEBで確認できたのでOK!😃

がしかし!

updateしたことでdockerイメージも新しくpullされました。
古いイメージはじゃんじゃん溜まるので消しましょう!


■docker images

最新はv1.16系が動いてる。

今回はv1.15.1イメージを抹消します。

以下のようにawk使えば、一瞬でdocker rmiできます。


■まとめ

そろそろbitwarden cliカモン。
safari拡張機能対応した!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 SRE/CRE。ラッパー担当。2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在では分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す