bitwardenを自前(オンプレ)で運営してる人はLet’s Encryptの更新とかどうすんのっ!
て話ですがめちゃくちゃ簡単です。
そもそもbitwardenは独自スクリプトを使って起動,停止,アップデートをするので、
その際にLet’s Encryptも更新してくれます。

いざ参る!


■bitwarden command

https://help.bitwarden.com/article/install-on-premise/

今回はupdate,updateselfだけかな。


■update

なんかエラー出とる…
updateselfしてみる。

もう一度update!

OK!😁

既にupdateでLet’s Encryptがrenewされてるので証明書は更新されてますな。
念のためbitwarden再起動する。

WEBで確認できたのでOK!😃

がしかし!

updateしたことでdockerイメージも新しくpullされました。
古いイメージはじゃんじゃん溜まるので消しましょう!


■docker images

最新はv1.16系が動いてる。

今回はv1.15.1イメージを抹消します。

以下のようにawk使えば、一瞬でdocker rmiできます。


■まとめ

そろそろbitwarden cliカモン。
safari拡張機能対応した!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください