vuls-github slackにて

ということでAtlassian製品大好きな私ですが。@kinoshita.kazumiさんの貢献により!!!
ちょんまげさんがHipChat通知対応したから誰かテストしてくれとのことで、
真っ先にテストしてみました。(デバッカーです)


■Add HipChat Support #203

https://github.com/future-architect/vuls/issues/203

・How to test

・add config.toml

とりあえずアップデートする方法と同じなので、上記のように。
masterからhipchatぶらんちに切り替えてmakeするだけ。
あとはHipChatのIntegrationsから「Build your own integration」を選んで発行したらconfig.tomlにslackと同じような感覚で追加する。
(久しぶりに開いたらUI変わって迷った)
最後に$ vuls report -to-hipchat付け加えれば通知可能となります!

※masterに戻す場合


■Result

https://github.com/future-architect/vuls/issues/203#issuecomment-370699935

おおおおおおおおおおおおおおおお😄

見にくいw

https://github.com/future-architect/vuls/pull/593

マージされたのでHipChatユーザーの方は使って下さい!!!!


■まとめ

@kinoshita.kazumiさんありがとうございます!
次はStride対応だ!!!!!!!!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください