LINEで送る
Pocket

お待ちかねの!!!!

Vulschatworkにも通知できるように開発しましたぁあああ!!!!(これは熱い)
今までメール,slack,hipchat,strideでしたが、やはりchatwork導入している
企業さん結構多いので、この際作ったらバズりそうと予想してました。(ちなみにMANABIYAでも告知はしてました)

個人的にGo勉強していますが、慣れということでVulsからチャレンジも兼ねて作ってみました!


■chatwork.go

とりあえずhipchatとほぼコードが同じなので、
@warugaki_k_kである、かずみんのコードを参考にしてみました。
上記のgistに補足いろいろと書いたので、Vulsのコードがどうなっているのか理解できるかと!


■ChatWork support #634

https://github.com/future-architect/vuls/pull/634

4つほど修正。

ちょんまげさんからmessageの部分でfmt.Sprintf使うと
分かりやすいとのことで修正しました。(こんなにキレイになるんですね)

・fmt.Sprintf

https://golang.org/pkg/fmt/#Sprintf

Goの静的型付けにおいてstringと他の型をstring型として一緒に扱うことができる関数ですね。

・Before

・After


■で、どんな感じよ

とまあ、初めはめちゃくちゃカオスでしたが….

このように見やすく!!!

chatworkはhtmlタグが使えないためリンクは挫折しました。。(対応してないぽい)
slackのようにスレッド形式ならもっと分かりやすく通知できましたが、
chatworkにはなんせそんなものがないので。。。
毎回ホスト名&OS情報を出してこの脆弱性どこのホストだよ!とならないようにしてみました。


■まとめ

今までVulsRepoのコントリビュータでしたが、
ついに本家のコントリビュータになれて嬉しい!!!!
Goも早く慣れていきたいので、この調子で今後もコントリビュート頑張りやす!!
※サポートしてくれた かずみんとその他Goできる友人サンクス!
そしてちょんまげさんもお忙しいところありがとうございました!)

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: GoVuls

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください