お待ちかねの!!!!

Vulschatworkにも通知できるように開発しましたぁあああ!!!!(これは熱い)
今までメール,slack,hipchat,strideでしたが、やはりchatwork導入している
企業さん結構多いので、この際作ったらバズりそうと予想してました。(ちなみにMANABIYAでも告知はしてました)

個人的にGo勉強していますが、慣れということでVulsからチャレンジも兼ねて作ってみました!


■chatwork.go

とりあえずhipchatとほぼコードが同じなので、
@warugaki_k_kである、かずみんのコードを参考にしてみました。
上記のgistに補足いろいろと書いたので、Vulsのコードがどうなっているのか理解できるかと!


■ChatWork support #634

https://github.com/future-architect/vuls/pull/634

4つほど修正。

ちょんまげさんからmessageの部分でfmt.Sprintf使うと
分かりやすいとのことで修正しました。(こんなにキレイになるんですね)

・fmt.Sprintf

https://golang.org/pkg/fmt/#Sprintf

Goの静的型付けにおいてstringと他の型をstring型として一緒に扱うことができる関数ですね。

・Before

・After


■で、どんな感じよ

とまあ、初めはめちゃくちゃカオスでしたが….

このように見やすく!!!

chatworkはhtmlタグが使えないためリンクは挫折しました。。(対応してないぽい)
slackのようにスレッド形式ならもっと分かりやすく通知できましたが、
chatworkにはなんせそんなものがないので。。。
毎回ホスト名&OS情報を出してこの脆弱性どこのホストだよ!とならないようにしてみました。


■まとめ

今までVulsRepoのコントリビュータでしたが、
ついに本家のコントリビュータになれて嬉しい!!!!
Goも早く慣れていきたいので、この調子で今後もコントリビュート頑張りやす!!
※サポートしてくれた かずみんとその他Goできる友人サンクス!
そしてちょんまげさんもお忙しいところありがとうございました!)

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 SRE/CRE。ラッパー担当。2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在では分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す