😅

@kzm0211 いなむーパイセンにansibleのレビューにて

「空白を入れてください!!!」

と何回も言われないようにするためにはCIで検知して自分で直したいなあと。
今回は個人のリポジトリにてCircleCIansible-lintを使って、
文末に空白があったら検知するという方法をいなむーさんに伝授してもらいやした!
結構面白いのでブログします。


■CircleCI Setting

https://circleci.com

とりあえずCircleCIは同時にCIしなければ無料なので、(1コンテナのみ)
ギッハブでログインしてプロジェクトを追加しましょう。
今回はansible_blog.adachin.meを追加します。

ansible-limitはPythonなのでSubmit押しやす。
ここでまだStart buildingは押さないように!


■make branch

・mkdir .circleci

.circleciディレクトリを作ったら下記のようにconfigファイルを作りましょう。
(今更ですがCircleCIはdockerでできています)

・config.yml

 ・requirements.txt

・.ansible-lint

何やってるのかわからんと思うので、上記でやっていることを実際にローカルで試してみます。

・install Mac ansible-lint

・ansible-lint

今回空白だけ検知したいので、

ANSIBLE0002: Trailing whitespace
There should not be any trailing whitespace

(訳)
ANSIBLE0002:末尾の空白末尾に空白があってはいけません

上記以外はskipさせるように書いています。
そのままansible-lintコマンドで確認してみると…

😝

とりあえず空白はないですな!!ここで、
空白を入れgit pushしてCircleCi検知してみます。


 ■Go!!!!!! CircleCI 

Start building押すと!!!

ムムム…

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

failedしてるうううううううう!!!


■まとめ

これぞインフラCI!!ansibleコード規約みたいなものを社内で作るといいですね。
ansible-lintいろいろ試して触ってみます!
オリジナルのも作ってギッハブで公開すると激アツ!
空白チェックはyaml-lintを使えばいいみたい?
Syntax errorも検知してくれるのでいい!!

参考
https://github.com/willthames/ansible-lint

https://inamuu.com/circleci

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください