Pocket

またいなむーさんが(@kzm0211) ハイパー便利なコマンドツールを教えてくれました。それが、pecoとghqコマンドになります。

自分は今までClipyというスニペットツールを使って、各ホスト名を登録して呼び出していました。

他にもhistoryコマンドやローカルにあるリポジトリもcdで移動とか…

正直もっといい方法ないの!?

と嘆いていたらこいつらに出会ってしまったわけです(遅い!


■peco,ghq

・peco

https://github.com/peco/peco

標準入力で受け取ったテキストデータをインクリメンタルに絞り込みして、選択した行を標準出力に出力するコマンド(ちなみにGo製/作者は@lestrrat様)

・ghq

https://github.com/motemen/ghq

クローンしたgitリポジトリを管理するGo製のコマンドラインツール


■.zshrc

とりあえずbash,fishよりもzsherなので上記のようにコピペしましょう。キーバインドは control + h  control + j  repo と打つと各項目がでます。(キーバインドはお好みで)イメージが伝わりにくいので実際にGIFで見てみましょう。


■history 「control + h」

上記のように control + h で打ったコマンドのhistoryが出てきます。選択してエンター押せば打てるのでこれは重宝する。


■ssh 「control + j」

sshのconfigはincludeしているので ~/.ssh/conf.d/*/config_* をすべて見ています。(maji便利)


■repo

repo と打てば一瞬でローカルのリポジトリに移動できるとか神か!


■まとめ

とりあえずもっとpecoググってカスタマイズしまくってみよう!!これないと生きていけないかも…

追記

さらに4年後…dockerでも応用ができますね。

Pocket

カテゴリー: ghqpecoSSH

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わる。好きなツールはAnsible,Terraform,CircleCIで、ECS/Fargateでのインフラ構築を得意とする。副業では数社サーバー保守とベンチャー企業のインフラ改善やMENTAで未経験者にインフラのコーチングを実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、DevOps、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、ECS/Fargateへ移行、CakePHP4での管理画面作成、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください