LINEで送る
Pocket

シェル芸マスターには程遠いですが…
digdagの設定ファイルを自動化する時(以下ブログより)にCSVファイルからループ処理をして、特定の文字列に対して条件分岐をしてみました。かなりググりましたが、参考になる記事がなかったので、参考にしてみてください!!

[embulk]SalesforceのデータをBigQueryに同期できるか試してみた!


■while


■if

この2つの構文を使えばイケる!!?


■csv.sh

・column.csv

・csv.sh

・hoge.json


■まとめ

if文がうまく動かなくてハマった!
シェルスクリプトじゃなくてPythonで書きたい。

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: digdagshell script

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、分析基盤の運用を担当している。

1件のコメント

hiroysato · 2019/02/26 5:29 pm

read col1 col2のように書くと楽なケースもあるかもしれません。

#!/bin/bash

IFS=”,”
while read col1 col2 ; do
echo “col1: $col1, col2: $col2”

done < /tmp/input.txt

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください