LINEで送る
Pocket

S3static website hostingをしている場合、非エンジニアがファイルアップロードしたい(Cyberduck)のでアカウント作成お願いします!と依頼されて、権限周りをちゃんと設定しないと間違えてバケット消してしまった!アーーーーッ!!!?などどならないように、今回ポリシーを新たに設定してみました。


■やりたいこと

  • すべてのバケット一覧を表示するように
  • 対象のバケット以外はアクセスできないように
  • バケット自体を削除できないように
  • ファイルのアップロードができるように
  • ファイルを削除できるように
  • ファイルの名前を変更できるように

■ポリシーの追加

https://awspolicygen.s3.amazonaws.com/policygen.html

Policy Simulator使うと楽!

  • S3-Upload_hosting.adachin.jp

あとはこのポリシーをIAMユーザに紐付けてクレデンシャルを発行すればOK


■確認

  • 他のバケットにはアクセスできないのでOK

 

  • ファイルアップロードOK

 

  • ファイルの削除OK

 

  • 恐怖のバケット削除!!できずOK

ちなみにバケットに入ってからのファイルの削除は可能となります。
(バージョニングは有効に!!!)


■まとめ

デフォルトのポリシーであればいいのにと思った。

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: AWS

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください