こんにちわんこ

シェルスクリプト最近勉強しています

シェルスクリプトとは

複数の処理をまとめて行う(バッチ処理)ときに使われる、OSシェルが直接解釈・処理できるスクリプト

言葉じゃわけわからんので

実際にやってみましょう

linux上でバックアップとか時間決めたり圧縮したり

なんでもできる感じです

とりあえず基本的な使い方は どこでもいいので

vim test.sh →.shが全てシェルになります

とりあえず、これで保存して権限を与えないといけません

ls -l で最後の文字がxで終わるようにします

そうするには

もう一度ls -l

これで ./test.shと実行する感じです

今日はククザンを表示させます

  1. ・変数
  2. ・文字列の表示(echo)
  3. ・演算処理
  4. ・繰り返し処理(for、)を使います

これで実行してみましょう

続きはまた今度

おわり(・∀・)

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、 広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.