Hai Adachinです。

みなさんZabbix使ってますか〜

Zabbixはメリットデメリットたくさんありますがw

今回はJMXの監視(JAVA)の監視方法についてのお話です。

特殊なのでめんどくさいですが。。。

ググると、イマイチ必要ない設定とか記載されてるので、

私独自の方法を紹介します。

これで一発かと。。


■準備

・hostsファイルちゃんと設定してあるか(Javaサーバ)

・IPアドレスの確認


■Zabbix_java_gatewayのインストールと設定

・zabbix_server.confの編集(Javaサーバにて)

zabbix-agent導入の場合


■tomcatシェルの作成

このシェルを使ってZabbixサーバにJavaの通信を許可させます。

書き方は様々ですが、以下の二通りかと思われます。

※Javaのポートが開いてるか確認!!!!

or

既に実行にしているならポートが空いてるはず。。。

・それでもダメならiptables開けます(例)


■ZabbixでJMX監視登録

・JMX欄があるので記入しましょう!!

・設定>ホスト

z01

・テンプレート追加しないと意味が無い

z02

・確認

最後にちゃんとグラフが表示されるか確認しましょう。

やっほおおおおいいい

z03

 


■まとめ

これでJavaの監視もバッチグーです。

少し特殊ですが、今後はこんな設定しなくても監視できるようになってほしいですね。。

ハマったのはiptablesくらいですね。

では(・∀・)ノシ

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す