そういえばruby系のインストールっていろいろありますよね。
どれが相応しいのか分かりませんが、
rbenvを使ったインストールが一番いい!!!
というわけでやってみましょう。


■gitがないとインストールできない


■rbenv をclone


■.bash_profileの設定


■rbenvの確認する

バージョン出たらOK


■ruby-build をclone


■ruby 最新版を確認する


■rubyのインストール

環境に合わせてバージョン指定して下さいな


■再読み込み

今度からrehashしなくてもOK


■インストールされてるか確認

2.2.2と書いてあればOK


■2.2.2を反映


■確認

これで2.2.2が表示出来てたら完璧


■まとめ

上から順にコピペでOK!!!!!

(・ω<)b

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください