LINEで送る
Pocket

Hai Adachinです。

今日、検証用サーバに「rubyが入ってないよ(#^ω^)Adachinゴラッ!」と言われたので、
ふぁっ!?そんな馬鹿な。。と脳内がフル回転し、確かに
今まで各ユーザごとにインストールしてました。。(以前書いたブログより)
これだと全ユーザーに最新のrubyが入ってないよとまた言われてしまうので、なんとかならんのかねと
ググったところ、System Wide installというやり方を見つけたのでブログしやす。(rbenvで)


■今までのrbenvでのrubyインストール

多分こんな感じであると思いますが、他のユーザがrubyを使いたいと思っても使えないのが悩みどころ。
System Wide installという方法ではrootに対してrbenvをインストールして、どのユーザでもrbenvが使えるようにするそうです。


■rbenv,ruby-bulidを/usr/localにインストール


■visudoでパスの変更

これによりsudoがrbenvやgemコマンドを指定するようにしてます。


■rbenvの使用準備

これを追記することで
どのユーザーにもrbenvが/user/local/rbenvにありますよとなるわけです。


■読み込み

これでエラーが出たらrootになってから実行するといいかも


■ruby 2.2.2をインストールしてみる

必ずsudoを付けてインストールしましょう。rootのみがrbenvを更新することができるからです。


■確認

大丈夫そうですね!他のユーザで確認したいときは

source /etc/profileをすればruby 2.2.2が使えると思います。


■まとめ

もちろんgemでbundlerをインストールしてみると全ユーザーでbundlerが使えると思います。
これでみんなruby使えるね!(・∀・)

参考:http://d.hatena.ne.jp/komiyak/20150603/1433364444

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: BlogrbenvRuby

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善などの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供、AWSで新サービスのインフラ構築、PHPバージョンアップ、新卒採用、採用広報、分析基盤を担当している。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください