Hai Adachinです。

久しぶりにちゃんとAWSを使うことになりまして、

去年はオンプレがメインだったので今年はたくさんのクラウドサービスに触れることができそうです!

 

というわけで今回はEBS(Amazon Elastic Block Store)についてです。

簡単に言うとディスク追加ですね。簡単にボリューム増やしたりなどなど。。

基本ハードディスクのマウント作業とかすんごい怖いというか・・・チビる・・・

そんなことないようにブログします。


■AWSコンソールで確認

今回は30GBを/dataにマウントします。

以下の画像の通りアタッチしてマウント出来ていればOKです!

e01


■サーバにてマウント作業

さあここからですが、慎重に作業をしましょう。僕はawsの公式サイトを見てやりましたので、
もっと簡単に説明します。

・とりあえず対象のサーバにログイン

上記のコマンドで現時点のディスクがどうなっているのか確認ができます。まだ「/」になってますね。
これを/dataにするのです。

・ファイルシステムを作成できるのか確認する

上記の表示だとまだなんもデータ入っていないよなので、マウントされてると以下のような感じになります。

こんな感じにUUIDとか出てきます。

・ext4ファイルシステムを作成

今回は/dev/xvdbを指定します。

・マウントポイントディレクトリの作成

/dataにマウントしたいので指定します。

・/dataにボリュームをマウント

/dev/xvdbを/dataにマウントします。

・fstabをコピーしエントリを追加

なんかあったときに戻せるようにしますw

上記のようにマウントオプション、ダンブ頻度、ファイルシステムチェックの順番をエントリしたらOKです。
値など分からない場合はとりあえずこんな感じにしましょう。

・動作確認

なにもエラーなければOKです。

/etc/fstabファイルにエラーがあるとブート不能になるのでシャットダウンしてはダメです!

・ダメだった場合

戻しましょう!


■まとめ

ディスク系はほんとに怖い。。
多分このブログ見てくれれば何一つトラブルないと思います!( ー`дー´)キリッ

参考:http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/AWSEC2/latest/UserGuide/ebs-using-volumes.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す