Hai Adachinです。

相変わらず咳が止まらないのですが、病院行っても

「ただの風邪だね!」

そんなわけないやろおおおおお!

というわけで、今回はCentOSのお話。

会社でCentOS7使いましょう!となりそうなので、

コマンドがわけわからんのでまとめてみました。

ちなみに結構変わってるので、ブログ二回に分けますw

 


■何が今までのCentOSと違うのか

そもそもCentOS7系だとサービス起動デーモンが「sysvinit」に代わって、「systemd」が導入されました。

そのせいでサービス系コマンドがかなり変わったという・・・


■サービスの状態確認

・CentOS7

・CentOS6


■サービスの起動、停止、再起動

・CentOS7

・CentOS6


■サービスの強制終了

・CentOS7

・CentOS6


■サービスの起動確認/自動設定

・CentOS7

・CentOS6


■Unitログ確認

・CentOS7

デフォルトだと/run/systemd/journal以下に書き込まれ、再起動すると消えるという・・・メンドクセ
なので、/var/log/journalをmkdirして、journalの再起動をする必要がある。(systemctl restart systemd-journald)
そもそもnginxなどのログ系は問題なく、linux系のログが今回変わっただけ。

・CentOS6


まとめ

わかりづらい・・・完全に慣れるんだ自分よ!

次回は引き続き更新します。

参考:http://www.school.ctc-g.co.jp/columns/nakai/nakai47.html
http://qiita.com/shotaTsuge/items/9f337bad9f73c3953af1

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください