LINEで送る
Pocket

Hai Adachinです。

今回はプロセス監視で有名な「monit」を紹介します。
ブルドックちゃんイカツイ・・・
ふと、会社のzabbix/nagiosが落ちてしまったので、自動で起動して、メールも通知できたらいいねとなったので、
じゃあシェルスクリプトでいいじゃないでしょうか!となったのですが、
せっかくだからmonit導入しよう!となったので、インストールからプロセス監視までブログしていきます。


■インストール


■/etc/monit.conf

2つ追記します

・webインターフェースの設定

・アラートメール設定


■/etc/monit.d

・monit.dディレクトリにプロセス監視したいサービスを追加していきます。

今回はzabbix-serverのプロセス監視ファイルを作成します。

こんな感じで、nagios、nginx、mysqldなどなど監視ファイルを作成していきます。

・monit再起動と設定確認


■ログイン

http://GIP:2812

adachin:adachinmonit

ログインできたら以下の画面が出るはずです。m02

あとはポチポチ押せばこのプロセス止めたいとか起動したいとかできます。
それにプロセスが落ちたらアラートメールが来て、すぐに落ちたプロセスを起動して復旧メールも届きます。

※追記(2018/1/9)

monit v5.2以上であればプロセス名やpidファイルでない場合、
matchingという機能を使ってで検知できるようになりました。

Added support for monitoring processes without pidfile using pattern
matching. You can use POSIX regular expressions or string matching
process name with arguments as provided by the ‘ps’ utility. If the
pattern matches multiple processes, the first match is used.
Example:
check process debian
matching “/usr/lib/vmware/bin/vmware-vmx .*deb.vmx”

http://lists.gnu.org/archive/html/monit-general/2010-09/msg00081.html

・例)


■まとめ

導入がかなり簡単なので、死活監視はmonitでも良さそう・・・
ブルドックやりおる(・∀・)

m01

・参考
https://mmonit.com/monit/
http://www.tecmint.com/how-to-install-and-setup-monit-linux-process-and-services-monitoring-program/

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: BlogCentOSMonit監視

adachin

1989年生まれのLancers SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、グループ会社のインフラをECS/Fargateへ移行、CakePHP4での管理画面作成、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください