Adachinですっ。

AWS構築しているときに、swap領域設定されていないなあと思ったので、
とりあえず1GBのswap領域を作ってみました。
そもそもAMIにはswap領域が含まれなく、
インスタンスストア(Ephemeral Disk)にswap領域を設定するのがベスト!!
やり方は簡単なのでansibleでもplaybook適用してみました。


■1GBのswap領域作成

上から順にコマンド叩きます。

今回は/media/ephemeral0/に作ります。

swapのディレクトリは適宜変更してください。


■自動マウントされるように設定


■vim /etc/rc.d/rc.local

追加する


■サーバ再起動


■確認

swapが追加されてればOK!


■ansibleだと?

リンク貼っとくので見てくださいな〜
https://github.com/RVIRUS0817/ansible_aws/blob/master/roles/common/tasks/main.yml


■まとめ

構築するときに忘れがちなので
ansibleとかレシピ作っていれば忘れずにすみそうです!

カテゴリー: AnsibleAWSBlogCentOSLinux

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください