Adachinですっ。

Javaと言えば大学時代に一般教養で勉強した覚えがありますww
サーバ内でのインストールなのですが、
alternativesコマンドでjavaバージョン切り替えしたにもかかわらず、
変わらん!パス通ってない!

こんなことが起きないようにちゃんとしたインストール方法をブログします。


■現在のjavaバージョンを確認


■java8インストール/確認

オラクル公式サイト⇛http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

・インストール

・バージョン確認


■java7に切り替え

※/usr/bin/javaのシンボリックリンク先がalternativesに向いていない場合です。
⇛向いていないとalternativesコマンドで切り替えしてもバージョン変わらないので確認しましょう。

・パスの確認

・java7をalternativesコマンドで指定


■ちなみに

・alternativesの一覧から消したい場合

javacもalternativesコマンドで切り替えできます。


■まとめ

rpmでインストールすると、latestやバージョンも全て最新になっちゃいますね。
java9はそろそろ・・・
来そう・・・(期待)

参考:http://www.task-notes.com/entry/20150530/1432954800

※ちなみに
JDKのセキュリティパッチは四半期に一回はリリースくるので
毎回最新のものにするのがふさわしい。
http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/alerts-086861.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください