Adachinですっ。

Javaと言えば大学時代に一般教養で勉強した覚えがありますww
サーバ内でのインストールなのですが、
alternativesコマンドでjavaバージョン切り替えしたにもかかわらず、
変わらん!パス通ってない!

こんなことが起きないようにちゃんとしたインストール方法をブログします。


■現在のjavaバージョンを確認


■java8インストール/確認

オラクル公式サイト⇛http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html

・インストール

・バージョン確認


■java7に切り替え

※/usr/bin/javaのシンボリックリンク先がalternativesに向いていない場合です。
⇛向いていないとalternativesコマンドで切り替えしてもバージョン変わらないので確認しましょう。

・パスの確認

・java7をalternativesコマンドで指定


■ちなみに

・alternativesの一覧から消したい場合

javacもalternativesコマンドで切り替えできます。


■まとめ

rpmでインストールすると、latestやバージョンも全て最新になっちゃいますね。
java9はそろそろ・・・
来そう・・・(期待)

参考:http://www.task-notes.com/entry/20150530/1432954800

※ちなみに
JDKのセキュリティパッチは四半期に一回はリリースくるので
毎回最新のものにするのがふさわしい。
http://www.oracle.com/technetwork/topics/security/alerts-086861.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す