LINEで送る
Pocket

Adachinですっ。

dockerホストをAWSみたいにポチポチして、
コンテナ立ち上がって、コンソールもweb上で見れないかなとググっていたところ、
shipyardと連携すればそれっぽいこと可能らしい!
早速試してみました!
めちゃくちゃUIカッコイイし、便利なので導入してみるといいかも。sticker-02-15-2


■環境

※ちなみにこのバージョン以上じゃないとshipyardのコンテナ立ち上げるときに以下のエラー出ちゃうので気をつけましょう


■shipyard install

導入したいdockerホストにインストールします。

最近dockerイメージがalpineになったのでashでコンテナ起動しましょう。


■ログイン

上記のようにターミナル上で管理画面のユーザー名とパスワードが表示されてればOKです。
ちなみに10.0.2.15:8080はコンテナ内のローカルIPなので、
docker-machineだとdockerホストのIPで検索します。

http://192.168.99.100:8080/


■立ち上がってるプロセスの確認とコンテナ新規デプロイ方法

現在動いているコンテナ共が確認できて、
ここで起動プログラムなどは管理できます。

s06

新規でコンテナデプロイするときはDeploy Containerを選択します。

s01

s02

コンテナ画面から先ほど作ったコンテナの虫眼鏡アイコンを押すと、詳細が出てきます。
(今回はwebサーバ用コンテナです。)
ちゃんとwebからnginxテスト確認できました。

s07


■Dockerイメージ

web上からイメージpullできます。

s03


■各コンテナのリソースモニタリング

各コンテナのStatsから確認できます。

s04


■コンソール

これがすごい。わざわざターミナルにログインしなくてよし。

s05


■まとめ

docker自体に負荷も全然ないので、入れておくとコンテナ管理が楽かなと思います。(docker運営は特に)
ユーザーとかも権限付与できるので、カスタマイズいろいろできます。
今後のサーバ構築はポチポチ。ちなみにshipyardはAlpine使ってるみたい。

追記:portainerのほうが良さげ

https://blog.adachin.me/wordpress/archives/7383

参考:https://shipyard-project.com/

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: BlogDockershipyard

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのMENTAなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなし中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください