Adachinですっ。

KVM内でゲストサーバ構築時(CentOS7)に、kickstartファイルがCentOS6と若干違うため、

OSインストールできず、フリーズしたりするのでメモしときます。k01

CentOS8とか出たらまた考えないといけないパターン(汗)


■kvm-cent7.cfg

環境によって違うと思いますが、毎回変更する部分は固定IPアドレスとホスト名くらいです。
%endを入れないとOSインストール時にフリーズします。bootdriveはvdaに。
それ以下はユーザー作成とか自動化してます。


■kvm-cent7.txt

あとは上記のkickstartファイルをkvmコマンドで当てればOKです。
Cent6と変わらないはず。


■まとめ

最近dockerばかり触っているので、KVMのサーバ管理のめんどくささに唖然とした….

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す