LINEで送る
Pocket

以前ECS/Fargateのコンテナリソースをモニタリングするブログを書きましたが、今回はその上で動作しているAPMでRailsアプリをモニタリングしてみました。設定等ハマりましたが、非常に簡単です。では紹介していきましょう。ちなみにAPMの略はApplication Performance Monitoring」です。

[AWS][Terraform]ECS/FargateをDatadogで監視してみる


Amazon Fargate/トレースの収集

https://docs.datadoghq.com/ja/integrations/ecs_fargate/?tab=fluentbitandfirelens#%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%AE%E5%8F%8E%E9%9B%86

・上の手順に従ってタスク定義に Datadog Agent コンテナを追加し、追加の環境変数 DD_APM_ENABLED を true に設定し、ポートマッピングでホストポート(8126 と tcp プロトコルを使用)を設定します。


・現在のセットアップに基づいてアプリケーションをインスツルメントします。


・アプリケーションが Datadog Agent コンテナと同じタスク定義内で実行されていることを確認します。

まずはTerraformAppコンテナのタスク定義内port 8126DD_APM_ENABLED true を追加しましょう。

  • files/task-definitions/app.json

  • Ruby アプリケーションのトレース

https://docs.datadoghq.com/ja/tracing/setup/ruby/#rails-%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%AE%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88

Appコンテナにdatadog.rbを作成してトレースするようにデプロイしましょう。

  • Gemfile

  • datadog.rb


APM/Services/Traces

Servicesからはアプリのリクエスト数、レイテンシー、エラーなどが全て可視化されます。もちろんここからMonitorも設定ができるのでアラート設定もできます。

MySQLでは実際動作しているクエリがリアルタイムに確認することができます。なのでこのクエリが重いというのもボトルネックが素早く確認できるので良き!

Tracesではアプリケーションステータスコードの一覧をリアルタイムで確認することができます。例えばErrorのみを表示させたり分析することができます。


まとめ

Datadogのドキュメントを理解するのに時間かかったのと、ドキュメントを見る場所が違ったりして、まあハマりました….APMではより細かくトレースできたり加工することもできるので後で試すぞ!

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: DatadogRails

adachin

1989年生まれのLancers SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、グループ会社のインフラをECS/Fargateへ移行、CakePHP4での管理画面作成、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください