例えば、ローカルで開発する時に、
個人アカウント、会社アカウント、などなど複数ある場合、
事前に~/.ssh/configの設定をしなければならない。
昔結構ハマった記憶があったのでメモしとく。


■githubの設定

基本githubはsshかhttpsの2つの通信どちらかとなるので、
セキュリティ的に考えるとsshのほうが望ましい。

・githubから鍵を登録する(Personal setting)

適当にssh-keygenで公開鍵を作成する。

・各プロジェクトの場合

Allow write accessにチェックをしないと、
git cloneはできるがpushができないのでチェックをつけること。


■~/.ssh/config


■git clone

ここが大事。
configを参照しているので上記のHostnameを指定する必要がある。

こんな感じでgit@configに書いてるHostname を指定すればOK。
これでちゃんとpushできるはず。


■まとめ

ハマったら各リポジトリで
git remote -vとか見ると大体分かるはず!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください