以前こんなブログを書いたと思います。

https://blog.adachin.me/wordpress/?p=3412

アタックが酷いからfail2banを導入したというお話。
基本これはiptablesでただDROPしているだけなのですが、
AWSの場合はセキュリティグループあるし、iptables設定するのもめんどくさいという方が対象ですw(apacheのみ)
というわけで.htaccessで拒否る方法をブログします。

そもそもアクセス来ているのを「あっちいけバイバイ」という設定をするイメージ。


■ちなみにxmlrpc.phpにアタックくるのはなぜ?

WordPressにはスマホアプリなどのXML-RPCを使った更新に対応しており、
xmlrpc.phpファイルが用意されています。
かつて前にこのファイルへDDoS攻撃、アタックの対象にされてしまうことが
あったからです。(今でも変わらず)
対応としてはxmlrpc.phpファイルを消せばいいのですが、
WordPressバージョンアップすると勝手に作られてしまいます。(おこ)


■設定方法

・ディレクトリはwordpress系

・.htaccessをコピー

・変更差分

RewriteBase以下にぶち込みましょう。


■確認

実際にアクセスログを見てみると、
301でリダイレクトされています。

さらに、メモリー空き容量もなんと1GB増えました。


■まとめ

これならfail2banを導入しなくても楽に設定できますね。
Disable XML-RPC Pingbackプラグイン入れても同じようなことできるみたい。
AWS ShieldはLBとcloudfront挟んでいれば自然に設定されます。

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、 広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.