Pocket

皆さんこんにちは、はじめまして、安達(@adachin0817)です。2022年9月30日に4年半在籍していたランサーズを退職しました。入社した当時や具体的に何を取り組んでいたのか振り返ってみようと思いますが、今回ブログで退職エントリを書くのは初めてですので、どうぞよろしくお願いします。

※あくまでも個人の感想として拝見していただければ幸いです。


入社した当時を振り返る

入社した時期は2018年5月1日になります。(以下転職エントリより)当時自分はSREというよりも、「オンプレよりのインフラエンジニア」でしたので、SREはかじったレベルでした。クラウドは前職で扱っていましたが、CI/CD、本番コンテナを運用した経験、アプリケーションの知識(CakePHP)、分析基盤の運用経験はゼロでした。

ランサーズ株式会社に転職しやした!!

業務ではサービスの信頼性向上、DevOps、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、ECS/Fargateへ移行、CakePHP4での管理画面/バッチ作成/バージョンアップ、分析基盤の運用、メンター、新卒採用活動などを取り組んでいました。


ランサーズで働いてみてどうだった?

個人的には非常に有意義でした。また、ランサーズの社員全員がファミリーのような感じでしたので、コミュニケーションを取るのが楽しかったです。エンジニアの環境としてはのびのびとやらしてもらえたので、たくさんの経験ができました。また、技術力、人間性の向上に対して覚醒してもらえた会社でもあり、自信が付いてパワーアップできました。

  • 当時のSREチーム

当時のSREチームは4人いました。チームでは金澤さんと同期のいなむーさん(@kzm0211)にビシバシ叩き込まれ、分析基盤でも神庭さん(@__godgarden__)に良いプレッシャーを感じながらメンタリングをしてもらいました。思い出すとチームによく付いていったというのと、諦めずに良く戦ったなと思い出します。また、SREチームが2人になった時は業務量が多くなってキツかったこともありましたし、うまくいかないことも当然ありました。その時、外部の知り合いのエンジニアさんに1on1してもらったこともありました。(迷惑かけてすんません) むしろこのチャレンジがなければ、一歩先のエンジニアになることはできなかったと思います。忍耐力って大事。

技術者として特に変わったところは若かりし頃に新しい技術を単に導入して終わりになってしまいがちだった気がしますが、「技術選択に対しての比較や運用に対して会社全体で考慮できるようになった」ところです。良い30代を過ごすことができそうでメンバーに感謝です。

  • 上場の経験

https://www.wantedly.com/companies/lancers/post_articles/201241

また、ランサーズは入社した一年後の2019年11月13日に上場しました。社会人になってから企業にグループジョインした経験(逆パターン)はありましたが、上場の経験はありませんでしたので、企業がどのように大きく変わっていったか肌で感じることができました。結構ヒヤヒヤものでしたし感動しました。

  • 副業について

ランサーズは働き方改革の会社なので、副業を推進しています。インフラやってる人はたいてい監視もやらなければならない一方、働き方が苦痛な思いを今までしていました。そして、SREでの働き方を変えていきたいという気持ちが多かったので、ランサーズを利用して副業もやってみたり、ベンチャー企業のインフラコンサルティングも行うようになりました。

  • 副業で行っていたMENTAがグループジョイン

https://signal.diamond.jp/articles/-/325

MENTAで累計200人の駆け出しエンジニアをフォローしたお話

特にMENTAはありがたいことにランキング上位かつ、急に副業先がランサーズへグループジョインされたことは何よりも嬉しい出来事でした。

さて、自分は仕事の改善が完了したタイミングで必ずブログすると決めています。一気に振り返りましょう。(ところが..!)


Lancers Engineer Blog

Interview

https://speakerdeck.com/rvirus0817

実績を振り返ると記事数が多いので割愛したいところですが、SREとして何でもやっていたと思います。それ以外にもこのブログ(ADACHIN SERVER LABO)でも発信していったので、エンジニア業界の知名度も少し上がっていった気がします。(Twitterフォロワーも400人から1500人へ)見てない方はぜひ覗いていってほしいです。見てくれた方はありがたし!


なぜ退職するのか

一言で伝えるとやりきりました。ランサーズのインフラ部分を一掃して、使われていないサービスのインフラなど全て廃止し、キレイな状態を保つようになりました。また、SREチームも4名になり、リーダーシップを取りながら本番環境や社内システム全て、コンテナに移行、デプロイサーバー廃止、インフラコード化をやり遂げたので、開発メンバーもTerraformで運用できるレベルにもなりました。詳しくは上記 Lancers本番環境のコンテナ化が完了しました にて詳しく書いてありますのでご覧ください。新しいSREが入社することがあれば、ぜひ感じ取ってほしいです。非常にやりやすい環境になったので、やれることはまだあるはずです。じゃあ自分やれよ!って感じですが、新しい方に色々とやってほしいですね。

  • 去年退職しようと悩んでいた

去年MENTAのコンテナ移行をやりきったタイミングでノウハウも高まったし、自分自身成長も悩んでいたので退職を検討していました。ですが、ランサーズ本家をコンテナに移行しないまま、転職するというのは自分の仕事においてのプライドが許せなかったですし、後悔すると感じていました。なので、やりきった際、今回の退職は気持ちよく旅立てると思いました。

※最終出社日の送別会に代表の秋好さんがサプライズで来てくれたはYouTube並のドッキリでした。色々お話しましたが、また一緒に働こう!と言ってくださったので有り難し!!!


転職活動はどうだった?

今まで活動してきたことをブログやら登壇などでアウトプットしてきたため、面接は既に自分のことを知っている前提でほとんどフリートークだったような気がします。それにおいては2013年の新卒時代からアウトプットし続けられたのは良かったと改めて思います。

転職活動にて困ったことは、「ランサーズは社会的意義があるサービス」なので、それ以上に興味が持てる会社が見つけられなかったのがしんどかったです。そこで今回はFindyで頻繁にスカウトが来るので、担当の方と色々とお話した結果、面白い会社を見つけることができました。


最後に

ランサーズで培った経験は一生モノです。この経験を元に次の会社でも技術で解決し続けることはもちろんのこと、SREとして巻き込む力を発揮していきたいと思いますまた、退職しても引き続きランサーズを応援し続けます。合同LT大会なども一緒にできればと考えているので、その際はぜひよろしくお願いします(to VPoE)。

4年半色々とご迷惑をかけましたが、成長させてもらいありがとうございました!

  • 追記

9月は1ヶ月丸々有給だったので、副業やりつつ、後輩と一緒に福岡へ行ってきました。大人の夏休みを満喫!

Pocket

カテゴリー: 退職

adachin

1989年生まれのSRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わる。好きなツールはAnsible,Terraform,CircleCIで、ECS/Fargateでのインフラ構築を得意とする。副業では数社サーバー保守とベンチャー企業のインフラコンサルティングやMENTAで未経験者にインフラのコーチングを実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、DevOps、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、GCPでのGKE/Kubernetes保守などを担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください