terraformでEBS(もちろんroot device)変更すると、
インスタンス再作成されて

ビビる・・・(汗)

terraform怖いですが、ちゃんと検証してれば問題なし!


■aws_ec2.tf

・terraform version

今回はroot deviceを100GBに変更して適用してみます。


■terraform apply

おいdestroyしたぞ!(汗)

勝手にインスタンス再作成しやがった!
もちろんAWSコンソールでも新しく作られてた。
これ本番環境だったら笑えない話。
まあテストなのでplanしてdestroy 1とかなってたらコード見直ししましょう。


■他にいい方法ないの

http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/release-change-ebs-volume-size/

今年くらいからインスタンスの停止する必要がなく、
データの欠損が発生せずにボリュームサイズを増やせるようになりました。(Amazon Linuxのみ)

なので手動でやるしかない!w(コード変更せずにapplyはしない)


■まとめ

神アプデを待とう!(最近インスタンスタイプ変更して消えなくなったから来るはず!)
terraformは基本どこからどこまでを自動化するか事前に考えて
運営しないと結構まずいかも。
いろいろ検証してみます。

参考
https://www.terraform.io/docs/providers/aws/r/instance.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す