terraformでEBS(もちろんroot device)変更すると、
インスタンス再作成されて

ビビる・・・(汗)

terraform怖いですが、ちゃんと検証してれば問題なし!


■aws_ec2.tf

・terraform version

今回はroot deviceを100GBに変更して適用してみます。


■terraform apply

おいdestroyしたぞ!(汗)

勝手にインスタンス再作成しやがった!
もちろんAWSコンソールでも新しく作られてた。
これ本番環境だったら笑えない話。
まあテストなのでplanしてdestroy 1とかなってたらコード見直ししましょう。


■他にいい方法ないの

http://dev.classmethod.jp/cloud/aws/release-change-ebs-volume-size/

今年くらいからインスタンスの停止する必要がなく、
データの欠損が発生せずにボリュームサイズを増やせるようになりました。(Amazon Linuxのみ)

なので手動でやるしかない!w(コード変更せずにapplyはしない)


■まとめ

神アプデを待とう!(最近インスタンスタイプ変更して消えなくなったから来るはず!)
terraformは基本どこからどこまでを自動化するか事前に考えて
運営しないと結構まずいかも。
いろいろ検証してみます。

参考
https://www.terraform.io/docs/providers/aws/r/instance.html

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げた。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行っている。未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください