H2Oおおおおおおおおおおおおお〜

Apache/Nginxの場合Allowなんちゃらとかでアクセス制限できますが、
h2oでも可能です。


■Configure > Access Control

https://h2o.examp1e.net/configure/access_control.html

基本的にmrubyaclを使って制御するわけです。
今回はallowに許可するIP、denyはドキュメントと同じようにすればOKなはず。


■example

requireにはhtpasswd.rbを指定してみました。
とりあえず社内は閲覧できて、社外はベーシックを出るように設定するとこんな感じです。


■まとめ

denyの設定をちゃんとしないとうまくいかない!

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す