今まで検証とかやるとき仮想マシン立てて。。。

CentOSインストールして。。。

ポチポチ・・・(1時間後)

こんなことに工数かけられるか!!!怒(●`ε´●)

そこで!

■Vagrantとは

開発・検証・試験時に使用する仮想マシンをコマンドや
定義ファイルを使って簡単に構築することができるツール

さらに!

VirtualBox ,VMWareなど仮想マシンの実行環境をさらにラップし、
簡単に仮想マシンの作成・起動・停止・削除などを行うことができる

ラップするメリット

・複数の仮想環境の構築が用意できる


1.Vagrantのインストール

Vagrantをダウンロードし、インストール

インストールしたら

確認できたら次です


2.Virtual Boxのインストール

Virtual boxをダウンロードし、インストール


3.Boxの追加

CentOSをダウンロードするので少々時間がかかります。。

タブレットでも眺めていましょう


4.仮想マシンの作成

私はホームディレクトリに作成しました


5.ネットワークの作成

Vagrantfileを変更します

これで192.168.33.10というIPでアクセスできる


6.仮想マシンに接続


7.Vagrantの基本的なコマンド


8.プラグインの導入

■便利なプラグイン6つ


これで終わりです

あとはWEBサーバ入れたりいろいろ。。

簡単に作成できるので、
教育用として使えそうですね
ちょいとVagrantでchefサーバ作ってみます。。

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください