Redashを最新バージョンにしようとして相当ハマったのでブログします。
Redashはなぜかv2.0.0をインストールすると0.11.1+b2095がインストールされます。
流れ的には0.11.1を0.12にアップグレードし、2.0.0にアップグレードするようです。
ふぁ!?と思いますがいってみましょう!
※ちなみに環境としてはEC2の中でbootstrap.shを使って構築してます。


■How to Upgrade Redash

https://redash.io/help-onpremise/maintenance/how-to-upgrade-redash.html

・公式通りアップグレードしてみる

え…できない!?どうやら0.11使ってる奴らは–channel legacyつけてアップグレードしろと。
からの2系はv0.12にしてからアップグレードしろということみたい。

できた。次はv2.0.0にアップグレードしてみる!

おいいいいいw
公式を見ると。。

v1系から.envの指定が変わったので変更してみる。

これで良さそう。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

・redash再起動

権現のエラーが出たけど変更して起動された。
完全に忘れてた自動起動も忘れずに。

しかし!!!

なぜかSetting>DatasourcesのTypeにAmazon AthenaとBigQueryが出てこない!


■Troubleshooting

いろいろとpipでぶち込むのだが、
公式通りにバージョン指定してやってもまったく表示されなかったので、
最新バージョンでインストールしてみる。

・PyAthena

・google-api-python-client、oauth2client

結果…

OK!!


■まとめ

アップグレード方法いけてなさすぎるのでなんとかしてほちい。
公式ちゃんと直してほしい!w(コミッターだ)
前回Redshiftで連携してみましたが、
次回はAmazon Athena使って可視化してみたいと思います。

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 Infra Engineer(SRE) In Shibuya 2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語はPython。 WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、VulsRepo init fileのコミッターでもある。VulsのためにGolangと格闘中でエバンジェリストに任命!?HIPHOPが好きすぎてTrack Makerでもある。

コメントを残す