Redashを最新バージョンにしようとして相当ハマったのでブログします。
Redashはなぜかv2.0.0をインストールすると0.11.1+b2095がインストールされます。
流れ的には0.11.1を0.12にアップグレードし、2.0.0にアップグレードするようです。
ふぁ!?と思いますがいってみましょう!
※ちなみに環境としてはEC2の中でbootstrap.shを使って構築してます。


■How to Upgrade Redash

https://redash.io/help-onpremise/maintenance/how-to-upgrade-redash.html

・公式通りアップグレードしてみる

え…できない!?どうやら0.11使ってる奴らは–channel legacyつけてアップグレードしろと。
からの2系はv0.12にしてからアップグレードしろということみたい。

できた。次はv2.0.0にアップグレードしてみる!

おいいいいいw
公式を見ると。。

v1系から.envの指定が変わったので変更してみる。

これで良さそう。

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

・redash再起動

権現のエラーが出たけど変更して起動された。
完全に忘れてた自動起動も忘れずに。

しかし!!!

なぜかSetting>DatasourcesのTypeにAmazon AthenaとBigQueryが出てこない!


■Troubleshooting

いろいろとpipでぶち込むのだが、
公式通りにバージョン指定してやってもまったく表示されなかったので、
最新バージョンでインストールしてみる。

・PyAthena

・google-api-python-client、oauth2client

結果…

OK!!


■まとめ

アップグレード方法いけてなさすぎるのでなんとかしてほちい。
公式ちゃんと直してほしい!w(コミッターだ)
前回Redshiftで連携してみましたが、
次回はAmazon Athena使って可視化してみたいと思います。

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行い、他社インフラレスポンス改善、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください