ついに!

久しぶりにVulsブログですが、
今回最新アップデートするとエラー出まくりだからわからん!!
元同僚センパイ(インフラエンジニア)に質問されたので、How toをブログします。
今回は例外ですな。


■Environment


■Delete sqlite3

古いSQLite3を削除からの、
go-cve-dictionary(fetchnvd, fetchjvn)し直す必要があるので、
これまた長い…


■Update go-cve-dictionary

https://vuls.io/docs/ja/misc-update-vuls.html

↑最近ドキュメントがギッハブじゃなくなりました!😁
あとは通常通りにやればOK


■Update go-cve-dictionary


■Update vuls

😁


■まとめ

これで日本語化される脆弱性情報が増えるので、
アップデートしてない方はマストでやりましょう!
vuls-dockerの場合は$ docker rmi vuls/vuls $ docker pull vuls/vulsしてSQLite3取得し直すだけ!

そういえばクラウド版Vuls「FutureVuls」がリリースされましたね。
トライアルあれば使ってみたい…
https://vuls.biz/#Page1

カテゴリー: vulnerabilityVuls

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください