😄!!

[docker]Kubernetes無知なので既にリリースされてたDocker for Macで立ち上げてみた

これな!

立ち上げたままで放置気味だったので、
Kubernetes勉強がてらManifestfile使ってNginx動かしてみました。


■contexts

とりあえずDocker For MacでKubernetes動かしたら
nodeをdocker-for-desktopに変わってることを確認しましょう。


■Manifestfile

https://qiita.com/mihirat/items/ebb0833d50c882398b0f#service%E3%81%A8%E3%81%AF

せっかくなのでManifestfileを使ったデプロイを試してみましょう。
Pod,Serviceなど出てきますが、簡単に説明していきます。

■Pod
コンテナの集まりで、nodeの集合のパワー全体を
リソースとしていくつも立ち上がるように動く。
これだけだと外からアクセスができないため
Service(ロードバランサーなど)が必要となる。

■Service
podsに対して外部と通信を行うためのネットワーク的なもの。
serviceに来たアクセスをpodにいい感じで分配してくれるので非常に賢い!

■Deployment
podを管理するコントローラーであるReplication Controllerと
podの両方を一括で管理できるもの。
例えばコンテナのイメージが変わった場合に、
古いimageのpodから更新してくれるので安全にdeployが可能となる!

この設定らをまとめてManifestfileで管理します。
今回はpodserviceファイルを作成し、
ロードバランサー挟んでwebアクセスできるかやってみました。(ローカル)
ymlなので書きやすい。

・tree

htmlディレクトリをマウントしてindex.htmlが見れればOK。

・pod.yml

・service.yml


 ■kubectl create

ちゃんとpodとserviceが立ち上がってることが分かります!
あとはアクセスできるか確認!


■curl localhost:8080

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!😄!!

ちなみにコンテナログインしてみると、
psコマンドが使えないw(コンテナの概念を理解しましょう)


■kubectl delete

$ docker rm -fでは消せないのでkuberctlコマンドを使ってpod、serviceを削除しましょう。


■まとめ

なんとなく動きとか理解できたので
次はansible-container試してみる😄

参考
http://blue1st-tech.hateblo.jp/entry/2018/01/06/162306
https://qiita.com/mihirat/items/ebb0833d50c882398b0f
https://qiita.com/suzukihi724/items/241f7241d297a2d4a55c

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、 そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、 広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。 現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。 インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。

コメントを残す

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.