本日はembulkでBigQueryからRDS(Aurora)に何回もrunしたら、
DBがフェイルオーバーしました。😂
原因としてはRDSのgeneral_logが有効になっていたため、
大量なログにより、I/O負荷になっていたというなんとも悲しい体験をしました。
そこで、今回はgeneral_logの無効化とログ削除方法をブログします。


■general_log

・general_logの有効確認

・RDSコンソール(パラメーター)

0にしましょう!

・確認

これでログが増えないことを確認すればOKです😁


■general_log削除

・TRUNCATE TABLE

上記のようにTRUNCATEを使ってテーブル内のすべての行を抹消することはできません。

・ストアドプロシージャ一(ストアド)

もちろんRDSにもストアドが設定されており、
複数のSQL文をまとめて名前を付けて関数のように呼び出せるようにしています。
general_logをgeneral_log_backupに退避していることも分かりますな。

・ call rds_rotate_general_log

😝抹消!!!
負荷なし!!!


■まとめ

@kzm0211(いなむー)パイセンにサポートしてもらいましたが、
さすがに20000レコードでRDSシャットダウンはおかしい!!これは盲点!!!

参考
http://xoxo-infra.hatenablog.com/entry/2013/03/25/151338


あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください