今年の3月くらいからLet’s Encryptが完全にワイルドカードを対応しやした!
そこで!AWSのRoute53を使って証明書自動更新するにはなかなか特殊なのですが、
ワイルドカードの場合、毎回TXTレコードをRoute53で設定し直して(下記のように)証明書を更新するという、なんとも対話形式でaws cli使うしかないのでは!!!とツラタンな思いをするのかと思いきや!!certbot-dns-route53というプラグインを使うことで自動で認識してくれましたのでブログしやす!!


■ちなみにいつものよう更新してみると?

更新できない!!😂


■Welcome to certbot-dns-route53’s documentation

https://certbot-dns-route53.readthedocs.io/en/latest/

とりあえずIAMでユーザ作ってポリシー作ってクレデンシャル配布してプラグインインストールからの
更新みたいな感じですな。


■Add user,policy

1.IAMでcerbotユーザを作成

2.cerbotユーザにIAMロールポリシー(Cerbot_Route53)にアタッチ

21行目ではRoute53のホストIDをぶち込みましょう!

3.サーバにクレデンシャル追加


■install certbot-dns-route53

・easy_install pi

・pip upgrade

・pip install certbot-dns-route53

ハイパーエラー出た..😂
chardetがいらないみたいなので抹消!!

😁


■certbot force-renew

😝!!!!


■まとめ

このプラグインでRoute53の設定全て消えるんじゃないかとビビりましたが、
特に何もなく更新できました。というよりも、更新というよりrenewコマンドで
いつでも再取得可能というやりたい放題なので、一ヶ月に1回cronで回せばOK!!

参考
https://marvelworks.org/archives/233

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 2013年新卒に自宅サーバを構築し、技術ブログを立ち上げた。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズにてサーバ系のお仕事も副業で行っている。未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在は分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください