さてさてお久しぶりのVulsネタですが、
Vulsを最新アップデートするときに毎回手動でやっていたのですが、
めんどくさすぎるので、シェルスクリプトで自動化してみました。
それと以下のようにバージョンアップしろとよくTwitterでアナウンスされるので、
この機会にスクリプト使って、じゃんじゃんアップデートしてくれると幸いでやんす!


■How to Update to the Latest Version

https://vuls.io/docs/ja/misc-update-vuls.html

公式は上記。

[Vuls][update]v0.3.0からv0.4.0にアップデートしてみたけどハイパー簡単だった!


■vuls-update.sh

go-cve-dictionary,goval-dictionary,vulsの3つをバージョンアップしています。
ツッコミどころ満載のスクリプトですが、一旦3つ同じ処理に関しては関数を使わずで作っております。(コード自体が少ないので)
Vulsのバージョンアップをするとたまにエラーが出ることがありますが、$GOPATH/pkgを消す処理も入れています。
では実際にこのスクリプトを使ってバージョンアップしてみやしょう!!!😁


■Run vuls-update.sh

😆!!!


■まとめ

自動化最高!!Docker用も作ろうかな。
告知ですがVuls祭り #4でセッションすることになりました!
ぜひお声掛けください!!!!お待ちしております!!!

https://vuls-jp.connpass.com/event/94790/

カテゴリー: shell scriptVuls

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください