これはハマった。😵

既存で動いているNginx + Ruby + Rails + Sidekiq開発環境(Docker)を再構築していると、以下のように出落ち並に403が返ってくる。
ちなみにSidekiq非同期処理を行いたい時に使うライブラリで、複数のジョブを同時に実行するとメモリーを節約すること可能

今回やっとのことで原因解明したのでブログします!


■Cannot render console from 10.100.0.1! Allowed networks: 127.0.0.1, ::1, 127.0.0.0/127.255.255.255

上記のようにエラーログから見ていきましょう。2つあります。
まずはRails/Dockerのエラーなので、下記のように追加すればエラーはなくなります。(これは楽ちん😐)


■WARN — : attack prevented by Rack::Protection::IPSpoofing

https://github.com/mperham/sidekiq/issues/3671

これや!!🤗
え、Nginxの設定漏れか!?

・nginx.conf

・conf.d/adachin.jp.conf

ドメインはadachin.jpでござんす。
ハマったのはNginxのプロキシの部分。X-Forwarded-Forの設定漏れだった。。🤮
/sidekiqにアクセスできるようにするにはroutes.rbに以下を追記すれば閲覧OK!!

・restart

https://github.com/RVIRUS0817/shellscripts/tree/master/init.d

起動スクリプト系はギッハブに置いてるのでぜひ。

😎

https://adachin.jp/sidekiq


■まとめ

しかしコード自体がダメ!!!と疑うのはアカン。


あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニア勉強会なども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中である。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください