LINEで送る
Pocket

2019/05〜ごろに発表された Terraform CloudRemote State Management(stateファイルのためのストレージ)という機能が出たので、今回 tfstate(backend)SaaS版に移行してみました!今まではAWSのS3を使って管理していましたが、 差分(下記画像より)や、apply時のロック(Enhancedタイプ)されるなど、神機能となりますね!

詳しくは以下を参考に!

https://blog.lorentzca.me/manage-state-files-on-terraform-cloud/

従来のtfstateファイルの管理方法は以下を参考に。

[Terraform][Backends][v0.9]tfstateファイルの管理方法


■準備

https://app.terraform.io/signup?utm_source=blog&utm_campaign=intro_tf_cloud_remote

  • Sign Up

https://www.hashicorp.com/blog/introducing-terraform-cloud-remote-state-management

適当にアカウント作ったら Create a New Organization をクリックして作成してください。

  • tokenの作成

このtokenをメモったらホームディレクトリに以下のファイルを作成しましょう。

  • backend.tf


■Terraform

  • terraform init

これでTerraform Cloudにシンクされているはずなので見てみましょう!

おおおお!!

下記のように terraform apply すると差分も見れるので、Githubぽい!

 


■まとめ

今後はTerraform Cloudで管理するべきですね。修正箇所もチームで共有できるし。S3は使わないので消します!次のTerraform Cloudのアップデートも期待!

LINEで送る
Pocket

カテゴリー: Terraform

あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善などの副業、ansibleやterraformでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、PHPバージョンアップ、CakePHPでのSEO対策とバッチ作成、Wordpressによるコーポレートサイトの修正、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください