LINEで送る
Pocket

[AWS][ECS][Fargate]RailsをCircleCIでデプロイする前にDockerfileでやること

前回のブログではCircleCIでデプロイする前にDockerfileでやることをブログしましたが、今回はpre(stg)環境をリリースするまでCircleCIのOrbsでECR/ECS/Fargateにデプロイする方法を紹介したいと思います!ようやく実現できたので、まずは構成からいってみましょう。


■構成

  • ディレクトリ構成

CircleCIの流れは以下。(rspecも同時に動いています)今まではimageをpushしてECSのリビジョンの更新と、サービスのタスク定義の更新まで ecs-deployを使ってデプロイしていましたが、Orbsを使って簡単にデプロイできるようになりました。

https://www.publickey1.jp/blog/20/circleciawsgoogle_cloudkubernetesorb.html

  • Githubでdevelopブランチにプルリクを出す
  • add .env、Dockerfile buid、copy source、bundle install
  • imageをECRにpush
  • ECSリビジョン更新、サービスのタスク定義の更新
  • DBマイグレーション

■Dockerfile/CircleCI

  • app/docker/pre/adachin-app/Dockerfile

  • .circleci/config.yml

https://circleci.com/orbs/registry/orb/circleci/aws-ecr

https://circleci.com/orbs/registry/orb/circleci/aws-ecs

まずWorkflowsJobs として rspec 25行目(CI)デプロイ 67行目(CD) を分けており、環境変数は全て Environment Variables で管理しています。また .env の情報はGIthubでセキュリティ上管理したくないので、変数をCircleCI側の環境変数にechoで展開したく、Jobsだと制御できなかったため Commands で実装しました。Githubにpushするだけでpre(stg)環境へリリースされるので、本番環境はmasterにマージされたらリリースするようにworkflowsに追加すればOKです。

  • Jobs rspec

  • Jobs build_push_pre

  • ECS

ALBに反映されていればOK!


■まとめ

CircleCIってMacのローカルと同様にbuildするという概念と理解不足でめちゃくちゃハマりましたが、CircleCIはマジで何でもできるので、ECS/Fargateデプロイ初めてやる方は参考にしてみてください!

※追記
db:migrate方法について詳しくは以下を参考に。

[ECS/Fargate][run-task][Rails]CircleCI Orbsを使ってdb:migrateを行う

LINEで送る
Pocket


adachin

1989年生まれのLancers SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、AnsibleやTerraformでのインフラコード化を推進。副業では数社サーバー保守、未経験によるエンジニアのメンターなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/技術広報/テクニカルサポート/コントリビュータでもある。現在はサービスの信頼性向上、可用性、レイテンシ、パフォーマンス、モニタリング、緊急対応、インフラコード化、リファクタリング、セキュリティ強化、新技術の検証、Docker開発環境の提供、AWSでのインフラ構築、グループ会社のインフラをECS/Fargateへ移行、CakePHP4での管理画面作成、メンター、分析基盤の運用を担当している。

0件のコメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください