LINEで送る
Pocket

Hello !!! Adachinです。

前回の続きをブログします。

え?前回の続きってなんだって!

下書きして放置してましたww なので思い出しながら書いていきます。

前回はPOPポートの接続確認までだったので、

次はSMTPの確認からですね。↓Googleのデータセンターより。

 


■SMTP/TCP-587(Submission)

・SMTP/TCPのポート(25/587)を接続確認する

例)

■対応方法

・POPと同じようにするかんじで
接続元を確認する場合

・IPをブロックするとき


■MAIL_QUEUE

・メールキュー数を確認

・qmail

・sendmail

・postfix

■対応方法

・qmail-qreadコマンドにてどのメールアドレスが大量に送っているのか?
メールマガジンを送っているのか?不正にメールが利用されているのか?を調査する

・どんな内容のメールを送ってるのか確認

・ 番号を検索

・中身を見る


■DISK_Use

・どこのディレクトリが重いのか確認。あとは辿るだけ。

・上位10件のみ


■SWAP

だいたいApacheとMysqlが原因ですね


■LoadAverage

なにが悪さしてるのか判断します。

topコマンドはもう使わない・・・

wcコマンドでどのくらいプロセスがあるのかとか、確認します。(Apacheが原因だった場合)


■ネットワーク障害

ネットワーク通信経路がどこまで止まってるか確認

オンプレならデータセンターに電話!


 

■まとめ

慣れてくると・・・

「あーこいつが変だなあ」と

勘が働きます。障害の切り分けが素早くできるようになれば(・∀・)イイネ!!

 

LINEで送る
Pocket


あだちん

1989年生まれ。 ランサーズ/SRE。 ホスティングから大規模なアドテクなどのインフラエンジニアとして携わり、他社インフラレスポンス改善、ランサーズでの副業、ansibleでのインフラコード化を推進し、未経験によるエンジニアのMENTAなども実施している。また、「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、自称エバンジェリスト/広報/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在はDocker開発環境の提供,AWSで新サービスのインフラ構築,PHPバージョンアップ,分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなし中。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください