Hello !!! Adachinです。

前回の続きをブログします。

え?前回の続きってなんだって!

下書きして放置してましたww なので思い出しながら書いていきます。

前回はPOPポートの接続確認までだったので、

次はSMTPの確認からですね。↓Googleのデータセンターより。

 


■SMTP/TCP-587(Submission)

・SMTP/TCPのポート(25/587)を接続確認する

例)

■対応方法

・POPと同じようにするかんじで
接続元を確認する場合

・IPをブロックするとき


■MAIL_QUEUE

・メールキュー数を確認

・qmail

・sendmail

・postfix

■対応方法

・qmail-qreadコマンドにてどのメールアドレスが大量に送っているのか?
メールマガジンを送っているのか?不正にメールが利用されているのか?を調査する

・どんな内容のメールを送ってるのか確認

・ 番号を検索

・中身を見る


■DISK_Use

・どこのディレクトリが重いのか確認。あとは辿るだけ。

・上位10件のみ


■SWAP

だいたいApacheとMysqlが原因ですね


■LoadAverage

なにが悪さしてるのか判断します。

topコマンドはもう使わない・・・

wcコマンドでどのくらいプロセスがあるのかとか、確認します。(Apacheが原因だった場合)


■ネットワーク障害

ネットワーク通信経路がどこまで止まってるか確認

オンプレならデータセンターに電話!


 

■まとめ

慣れてくると・・・

「あーこいつが変だなあ」と

勘が働きます。障害の切り分けが素早くできるようになれば(・∀・)イイネ!!

 

The following two tabs change content below.

あだちん

1989年生まれ。 SRE/CRE。ラッパー担当。2013年新卒に自宅サーバを構築し、この技術ブログを立ち上げたが、 2017年に電源が壊れConoHaにリプレイスした。 好きな構成管理ツールはAnsible,Terraform。インフラならAWS/Docker。言語歴:Python,Golang。WEBサーバならH2O。そして「脆弱性スキャナVuls」のOSS活動もしており、広報/エバンジェリスト/VulsRepo init file,chatwork通知のコントリビュータでもある。現在では分析基盤を担当しておりDigdag,embulk,BigQueryを使いこなそうと奮闘中。

コメントを残す